catch-img

NICO製作体験記② 図面作成~発注まで

※本記事は、2021年1月18日に公開した内容の再掲載です。

ジャロックの新人2名がNICOシリーズの体験作成を連載形式でお伝えする『NICO制作体験記』。
第2回目の今回は小杉がお送りいたします。
前回の記事をまだご覧になっていない方は、ぜひこちらの第1回よりアクセスください。


▼前回の記事はこちら▼

  NICO製作体験記① 構想~ポンチ絵作成まで | 株式会社ジャロック ジャロックのパイプ&ジョイントシステム『NICOシリーズ』を、 当コラム担当2名が実際に構想~完成まで“カイゼン”体験レポート!第1弾 株式会社ジャロック




さて、前回は「社内の収納を改善するラック」を作るべく、ポンチ絵制作までの様子をお伝えしました。
このポンチ絵をもとに、実際の設計に入っていきます。


目次[非表示]

  1. 1.~前回の情報の整理~
  2. 2.設計へ作図依頼
  3. 3.いよいよ発注!
  4. 4.おまけ設計部の紹介



~前回の情報の整理~


作るもの

備品収納用パイプラック

格納物

上段…備品(飲料の段ボール、未使用制服など)
下段…掃除用具

格納物の重さ

計45~50kg程度
ラック設置場所寸法
横幅860×奥行530mm




設計へ作図依頼

ここからは弊社設計部署にバトンタッチします。
専用のCADソフトを使用し私達の書いたポンチ絵からイメージ図(パース)、使用部材を含めた実際の図面を作成していただきます。
早速ポンチ絵を渡し作図をお願いしたところ、ある点で指摘が。


「下側の掃除用具入れ、ホース部分の幅が狭いけどこれで大丈夫なの?」


掃除用具入れの部分はサイズの都合で掃除機3台を2段に分けて収納する設計になっており、下側に収納する1台は右図のように横へホースを出す設計になっていました。
このホースを入れる場所が私たちの指定では幅10cmもなく、窮屈になるとのこと。
また、「縦に長いラックなので下部をもう少し補強したほうが良い」
「上部がラックで塞がれるためモップや掃除機をスムーズに収納できるのかも不安がある」
とも言われました。

収納部分の内寸は元々実寸より余裕のある数値でお願いしていましたが、もう一度正確に測り直して各部を調整したほうが良いとなり、結局この日は図面依頼が完遂できませんでした…。


でも、こういった事はよくあるそうです。
設計からもアドバイスをいただきつつ、気を取り直して再度構想し直します。



■図面発注のポイント

設計の際、図面を作成する上で重要な情報は

①何がしたいか
②積載物の大きさ
③他、特殊な環境下で使用など特記事項

の3点です。
実際のお客様からご相談いただく際もこの情報が足りず、再度確認をお願いしてしまうことがあります。
お問い合わせの際はぜひ事前にご用意頂ければ幸いです。※


※実際の作図依頼工程は弊社担当営業にて行います。
細かい部分は全て弊社側で調整致しますので、上記情報のご用意ができた段階でお気軽にご相談下さい。

≫ お問い合わせはこちら



こうして最終的に出来上がったものが、こちらです!



■ポンチ絵から改善したポイント

・モップ入れ、ホースを出す場所、掃除機格納場所の間隔を調整
・モップ入れは間の仕切りを取り空間節約、下側にパイプを配置し前方に倒れるのを防止
・下部にコの字型にパイプを追加、上側ラック部分を補強

また、設置場所が狭いため運搬しやすいようキャスターも追加しました。


図面受領後も使用部材の数や書かれている寸法が発注通りかチェック。
これでようやく図面が完成しました!




いよいよ発注!

図面ができたら早速発注です。
弊社の図面は完成段階で使用部材一覧と見積もりが出るので、受領後すぐ発注にご利用いただけます。
NICOシリーズの場合、発注から7日~10営業日で届きます。※部材にもよります
ワクワクしながら到着を待ちます。

■今回使用部材:NICOシリーズについて■


≫ 製品を詳しく見る

≫ カタログはこちら



▼ご購入はこちら▼


『NICO制作体験記』今回はここまでです。次回はいよいよ組み立てから完成の模様をお伝え致します!




おまけ設計部の紹介



弊社設計部はNICOシリーズを始め台車、ラックなどジャロック製品全般の設計を承っております。
図面作成は無料です。
ラックなどの大きな案件については現調も含めレイアウト段階からご相談に乗ります。ご入用の際は以下お問い合わせフォームか、担当営業までご一報ください。


<お問い合わせはこちら>

<ジャロックの提案する力>





≫ オンラインストアへ戻る

≫ 商品コラム一覧へ戻る

関連コラム

カテゴリ一覧

タグ一覧