ヒストリー

ヒストリー

株式会社ジャロックの歩んできた歴史
当社は、1963年(昭和38年)神戸市の高架下で産声をあげてから、
お蔭様で2013年(平成25年)50歳の区切りの年を迎えることが出来ました。
…でもここは次の50年へのスタートライン。
Thanks & Next ‘ 感謝の気持ちを胸に、私たちは次のステージへ駆け抜けていきます。
物流改善に終わりはありません。
50年
1990年2月 アルコンZ台車完成
・台車自体への重量軽減とピックング効率を目的としたアルミ製ピッキング台車「アルコンZ台車」完成 スライドリフター
・プラットホームのない倉庫での積込・荷卸を簡易にするための商品積込台車
アルコンZ台車・スライドリフター
1990年4月 自走式駐車場システム5機種、建設大臣第38条認定取得
1990年6月

マルチロータリーラック、ソフト完成
・自動車メーカー物流センターへの一号機納入

マルチロータリーラック

1990年8月 新製品ドロアーカーリフト、検品用台車、ボンネット台車完成
1992年10月 本社を現在の中野区中央に移転
中野本社ビル
1993年10月 ランプ表示式ピッキング部品管理システム
「ピコピコラック」を完成
ピコピコラック
1994年 マルチロータリーラックを家電量販店
物流センターに納入
マルチロータリーラック
1995年 トラックメーカー部品センターに立体架台及びコンベアシステム納入
立体架台コンベアシステム
1996年 タイヤメーカーが全国に倉庫型ショップ展開
・屋外タイヤ陳列・格納用にタイヤガレージを開発
納入展開 ショッピングパレットラック開発
・ホームセンター屋内外陳列什器として開発
下段は陳列用、上段はストック用
ホームセンター向け陳列棚
1997年 スーパーラックシステムを開発、納品
・半導体メーカー向けにマルチロータリーラックに改造を加えた 株式会社ジャロック・エンジニアリング・サービス(通称JES)を設立
・システム開発・設計・メンテナンス部門を株式会社ジャロックから独立させ、開発設計部門と販売部門、それぞれの独立採算制を明確にした
スーパーラックシステム
1998年 自動3輪車(スクーバ)を利用した牽引台車入庫・出庫システムを開発
・自動車メーカーとの共同開発 自動車メーカー工場に立体架台及びコンベアシステム納入
コンベアシステム
1999年 水平流動ラック「シフトラック」を開発
・飼料会社、化学薬品会社、食品会社、酒造会社等、少品種多量商品を扱う客先へ納入
シフトラック