スライドリフター(垂直搬送機)

スライドリフター(垂直搬送機)

法の適用を受けない垂直搬送機、既存のリフトを改造可能

建築基準法や労働安全衛生法の適用を受けず、確認申請や法定点検が不要な垂直搬送機です。
設置スペースや搬送物の重さ・サイズ・形状、階高に応じた設計を提案しており、アフターメンテンナンスを含めたトータルサポートを提供しています。







POINT

『垂直搬送機』のため法の適用を受けません

昇降機の法規的分類一覧
 

簡易リフト

小荷物専用昇降機

エレベーター

垂直搬送機

適用法規

労働安全衛生法
(クレーン等安全規制)

建築基準法

・建築基準法

・労働安全衛生法
(クレーン等安全規制)

なし
カゴ寸法の規制

床面積1㎡以下または

その高さが1.2m以内

床面積1㎡以下かつ

その高さが1.2m以内

床面積1㎡超または

その高さが1.2m超

なし
法定点検

自主点検

法定点検

法定点検

自主点検

構造規格

あり

あり

あり

なし

消防法の適用

あり

あり

あり あり
作業者の搭乗 不可 不可 不可

備考

建築基準法の適用を

受ける場合あり

確認申請が必要

労働安全衛生法では

「簡易リフト」でも

建築基準法では

「エレベーター」

 
従来使用されてきたリフトの一部は、現在では上記の「簡易リフト」および「小荷物専用昇降機」に分類され、現行法では違法となるものがあります。
スライドリフターは、カゴの中に人が立ち入らない「垂直搬送機」に分類されるため、労働安全衛生法や建築基準法の適用を受けません※。
そのため上記の法的に該当するリフトと同じ用途でも法定点検の必要がなく、簡易リフトや小荷物専用昇降機のように使用することができます。

※消防法は適用されます。
※法定点検は不要ですが、安全にお使いいただくため定期的な保守点検を推奨致します。
定期メンテナンスについては弊社で別途契約を締結させていただいた上で、サポート致します。
詳細についてはお問い合わせください。
MOVIE

POINT

既存リフトからの改装も対応可能

ジャロックのスライドリフターは、新規導入だけでなく既存リフトの改修・入れ替えにも対応致します。
現場によっては既存リフトの改装を行うことで、入れ替えより少ないコストで運用可能な場合がございますので、既設のリフターでお困りのお客様はお気軽にご相談ください。

改装工事 Before ⇒ After

テーブルリフトからの改装も可能です

2012年以降、下記に該当するテーブルリフトはエレベーターへの改修工事・入れ替え工事が必要となりました。

・扉や囲いが無いテーブルリフト
・建築二階(三階)への昇降に利用されているテーブルリフト


弊社では、エレベーターではなくスライドリフターに改装致します。
当該工事により、テーブルリフトは法規上「垂直搬送機」に取扱が変わり、建築基準法上は「コンベヤ」の扱いとなります。
エレベーターの改修・入れ替え工事に比べ、非常に安価に対応することが可能です。

お使いのリフトが法律に準拠したものか、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。
MOVIE

製品情報

用途 ・パレット、台車、箱などの垂直搬送
・ハイマストによる昇降作業の代替、事故リスク軽減
特長 ・ 労働安全衛生法、建築基準法の適用を受けません。
・耐荷重300~2000kg。小型~大型、重荷重リフトまで対応可。
・法定点検不要で、ランニングコストが安く抑えられます。
・既存の簡易リフト、テーブルリフトを改造対応可能です。
・その他防爆など特殊仕様対応可能(詳しくはお問い合わせください)
ご注意

・人が乗ることはできません。
・入庫・出庫は同時に出来ません。
・設置の際に電源他、ピット工事やフロア開口工事などの建屋工事が必要となる場合もございます。詳しくはお問い合わせください。
・法定点検は不要ですが、安全にお使いいただくため定期的な保守点検を推奨致します。

   

より詳しくご相談されたい方、一部仕様が決まっている方には、 「ヒアリングシート」を右よりダウンロード、印刷いただき ご記入の上、お問い合わせフォームに添付して送付ください。

 

(お急ぎの方はお電話でも受付いたします)

お気軽にご連絡ください 0120-70-3810
メールでのお問い合わせ
関連商品のご案内
こちらの商品をご覧になったお客様は、次の関連商品もご覧になっています。