image

Item information

製品情報

アシスト台車

既存台車に専用ユニットを装着するだけで、走行をアシスト

既存台車に装着する事でアシスト機能を付加する事が可能な、電動アシストユニット。台車に装着することで普通の台車が電動で走行補助機能がついた「アシスト台車」に早変わり。
台車のセットでの販売と、ユニットのみの販売をしており、使い方に応じてオリジナルのNICO台車(パイプ&ジョイント)に取り付けることも可能です。

重量物搬送の坂道補助に

重量物の走行を電動でアシストし、坂道の搬送をサポートします。

  • 【電源オフ】重量の搬送は坂道では大変

    アシスト台車電源オフ
  • 【電源オン】100kgの荷物がスイスイ進む

    アシスト台車電源オン

駆動輪ユニット、 操作力検知ユニット、 制御ボックスユニット、バッテリー、充電器で構成

ユニットセット内容
MOVIE

台車へユニットを取付ける手順はこちら

組立説明
POINT

上り坂は走行補助し、下り坂はブレーキ作動

【上り坂走行】

上り傾斜路の走行は100kgの荷物で6°の傾斜路をアシストすることが可能です。手元の操作力検知ユニットを使用して電動自動車のように軽々と走行が可能です。

ジャロック商品「NICOパイプ」で組み立てた台車や、既存の台車に取り付けることができます。最大速度は3.5kmです。

 

【下り坂走行】

下り坂を重い台車で走行する際、自動で台車が先に進んでしまい危険です。下り傾斜路はブレーキが作動しゆっくり安全に操作することができます。

  • 上り坂補助の様子

  • 下り坂ブレーキの様子

    下り坂ブレーキの様子

POINT

簡単アシスト操作方法

電源を入れて操作力検知ユニットを押すとアシスト機能作動します。アシスト台車は感覚的に操作が可能なので、非常に簡単に行うことが可能です。

  • 電源ON・OFF

    アシスト台車操作スイッチ
  • 操作方法(押すと進み、引くとバックします)

    アシスト台車操作
POINT

NICO台車(パイプ&ジョイント)への取り付けも可能

通常の台車のみならず、パイプ&ジョイントで好みの形状に設計・カスタマイズができる、ジャロックのNICOシリーズで製作した台車へもアシストユニットを装着することが可能です。

  • 【NICO】アシスト台車事例①

    NICOアシスト台車事例
  • 【NICO】アシスト台車事例②

MOVIE

製品仕様

※アシスト能力は傾斜0°:500kg/傾斜6°:100kg

製品情報

用途

重い荷物を乗せた台車を電動自転車のように軽々と進める

ご注意

1.深い水溜まりや積雪時、砂地や砂利道等の未舗装路面、高い段差乗り越えは使用不可。段差乗り越え、凸凹路面で駆動輪が空転した場合はブレーキが作動します。
2.防水性に配慮した設計になっていますが、安全のため 水没や急な降雨天時以外でのご使用は避けてください。(バッテリー及び充電器は除く。)
3.速度が3.5km/h以上になるとアシスト機能は停止(モーターフリー)します。アシスト機能が停止した場合は、通常の台車と同様に使用可能です。降坂時のブレーキアシスト機能は、3.5km/h以上になっても有効です。

4.ユニットの取り付けは、取付穴部の寸法に適合したボルトを用い、固定した取付部にしっかりと取り付けて下さい。

5.駆動輪ユニットは、左右が平行になるように取り付けて下さい。

6.駆動輪ユニットは、取り付け面が水平になるように取り付けて下さい。

7.制御ボックスユニットの取付けは、アシスト使用時にボックス天面が地面に対し水平になるよう取り付けて下さい。

8.制御ボックスユニットと台車本体は、がたつきがないよう、固定して下さい。
取付が不安定な場合、制御ボックスユニットのセンシングデータがばらつき正常にアシスト動作しません。

9.操作力検知ユニットと台車本体は、がたつきがないよう、固定して下さい。
取付が不安定な場合、操作力検知ユニットのセンシングデータがばらつき
正常にアシスト動作しません。

10.ユニットの改造・組み換え・塗装・溶接などを行わないで下さい。

11.取り付け時、配線類を強く引っ張らないで下さい。

12.前輪はセットに含まれておりません。高さ178mmのキャスターをお取り付けください。

13.積載荷重は取付ける台車によって異なります。

14.ハンドルはΦ27~29mmに対応しています。

関連商品のご案内

こちらの商品をご覧になったお客様は、次の関連商品もご覧になっています。