image

Item information

製品情報

EC課題

荷物の搬送時に通常台車を使用しますが、こんな経験はありませんか?

キャリーランナーキャリーランナー

 

台車を使用する中で度々発生する課題。

その原因は・・・

 

キャリーランナー

 

一般台車は路面に接する4箇所の車輪が「点」で振動を直接受けてしまい、凸凹のある道での走行は積載物に大きな衝撃を与えてしまいます。

あらゆる業界で使われている台車ですが技術革新は進んでおらず、性能面でも代わり映えせずにきました。

 

ジャロックでは台車の既成概念を壊し、新たな価値創造を加えた台車を世に創造したいと考えました。

 

吹き出しキャリーランナー

キャリーランナー

 

独自の特許に基づいた走行用ベルト(クローラー)を開発。車輪を「点」ではなく、帯状の「面」で振動を受けることで衝撃が分散され、5センチ程度の凸凹道でも衝撃が小さく、積載物に振動をほとんど伝えません。

 

キャリーランナー

高い制振性で凸凹道もスムーズに走行!クローラーが衝撃を吸収するので、ピンポン玉が跳ねずこぼれません。

キャリーランナー
キャリーランナー

5センチ程度の段差越えもラクラク走行。車輪のように引っかかることなく運搬が可能に!

キャリーランナー
キャリーランナー

車輪と違いクローラー構造のため、傾斜に対して機体を横にするだけで静止が可能。ちょっとした一時停止でも安心です。

キャリーランナー
キャリーランナー

クローラーはベルトなどの取替え可能なパーツで構成。その為、部分破損が発生した際もパーツ交換をすることにより容易にメンテナンスが可能。

キャリーランナー
優良賞ECキャリーランナー

当社のNICOパイプ製品や、既存の台車にクローラーのアタッチメントが可能です。詳細はお問い合わせください。

ショールームでも見学可能

ジャロックショールームにて見学をご希望される方は、その旨をお電話かお問合せフォームにてお伝えください。見学の日時に関しては、ご希望の日程をお知らせくださいませ。