価値を提案する+αのサービス

Propose value + α

価値を提案する+αのサービス

対応する力

役所との折衝

物流設備、特に保管機器、昇降機器、搬送機器の中には所轄消防署、建築指導課、労働基準監督署などの公的機関との打合せが必要なものがあります。公的機関との事前打合せがきちんとされていない場合、設置後思わぬところで問題になり、最悪の場合は設備撤去命令や営業停止命令などが出ることもあります。
当社はその様なトラブルや事故を絶対に起こさぬ様、所轄公的機関との事前打合せが必要な物流設備に関しては、事前にきちんと説明、折衝の代行をさせて頂いております。
納入後ご安心して納入、使用するために大切な役所対応。是非安心してジャロックにお任せください。

稼働中の工事、休日・夜間の工事OK!

物流設備の導入は新築の倉庫や工場に限りません。ジャロックの強みは豊富な既存の倉庫・工場への物流設備の導入、稼働中の倉庫・工場への物流設備導入にあります。
商品の入った中量ラックが並べられている上へのユニットメザニンラックの導入や稼働しながらのラック導入などお気軽に相談ください。
いくつかお願いをすることもありますが、納入場所から全ての物を一度外に出すなどということは無く安全に物流機器の設置工事をさせて頂きます。
もちろん、土日や休日工事あるいは夜間の工事などで対応することも可能です。
ジャロックの対応力にご期待ください。

メンテナンスサポート

ジャロックにて導入をさせていただいた製品で、保守点検の必要な製品はメンテナンス契約を締結させていただいた上で、メンテナンスサポートさせていただきます。
尚、保守点検報告は3年間の保存が労働基準法により定められています。大切に保管下さい。