社員の声

Staff voice

社員の声

STAFF VOICE
営業本部 部長 Y.Sさん

大型反響営業も、ルート営業も、目の前のことに粛々と取り組んでいくストイックさが求められる営業。
そこでやりがいを見出し喜びとなる。

「仕事内容」を教えてください。

当社の営業は、主にふたつのアプローチ方法があります。ひとつは、工事案件。HP問合せに始まり、訪問提案、クロージング(受注)、納品立会まで行います。いわゆる、反響型の新規営業で、扱う金額も数百万円から数千万円にも及びます。大型の設備になるので、そうそう何度も注文を頂けるものではないですが、お客様によっては、「使い勝手がいいから別の事業所でも導入したい」と言ってもらえたりもします。そういう時は素直に嬉しいです。自分の提案が認めてもらえたということでもあるので!
もうひとつは、「NICOパイプ&ジョイントシステム」を主としたルート営業です。既にお取引のある客先に対して、現場改善商品を提案していきます。工事案件と違うところは、少額の金額ではあるものの定期受注を頂けること。地道に足を運び要望をヒアリング、ニーズを探り出す必要があることです。場合によっては、サンプルを自分で組立て、現場の方に試してもらうこともあります。
私は、どちらかというと、NICOパイプ等の改善商品を扱うことが多く、営業手法も自分自身に合っているとも思います。現在は、新商品であるアルミ製のパイプを展開できるよう各客先へ営業中です。

Y.Sさん
「やりがい」は何ですか?

ありきたりですが、自分の提案がお客様にとっていい提案だった時は、やっていてよかったな、と思います。営業職は、お客様の窓口のため、クレームも責任も全部自分が負わなくてはいけません。半面、喜びの声であったり、「ありがとう」と感謝の言葉を直接もらえるのは、やりがいに繋がっていますね。
また、いろいろと自分で段取りしなければならないことがあります。工事案件となれば、職人の手配や搬入口の確認、使っていい休憩所の確認、入場時間等々。数えたらキリがないほどです。それでも、納品完了の状況を想像して、工事の時に何が必要かを逆算しながら準備をし、全く問題がなく、自分の想定通りに美しく現場が収まった時は、自分でいうのもなんですが、「いい仕事したな」と思います(笑)。
そしてなにより、営業のミッションは「いかに受注をあげるか」なので、大型案件が決まった時は、純粋に嬉しいです。金額が金額なので、要求されることも多いですが、注文書をもらった時は、その全部の苦労が報われます。

「大変なこと」は何ですか?

先にもお話しましたが、営業だけしていればいいという訳ではありません。
営業と並行して工事立会や書類作成もあります。正直、体がいくつあっても足りない、って思うことも多々です(笑)。とは言え、営業マンにとっては、受注がすべてです。言い訳せずに、目の前のことに粛々と取り組んでいくストイックさが求められます。稼がなければならない目標金額を追いかけて、見込み顧客の発掘や新規顧客の対応など、いかに数字(目標金額)を組み立てていくか、考えながら走るというのを繰り返しています。なかなかハードです(笑)。

入社を考える皆さんへメッセージをお願いします。

とにかくやることが多い。書類作成、営業、工事立会、現場組立。他のグループのヘルプにでることもあります。しかし、やることが多いということは、学ぶことも多いです。クレーム対応の仕方、クロージングまでの持っていき方、お客様とのコミュニケーションの取り方、ロールプレイングでの研修はありません。全部現場で覚えます。なかなかの緊張感です(笑)。その分、独り立ちするのも早いと思います。入社6ヶ月後には、自分のお客様を持って工事立会をしていたりします。他の会社じゃまずないでしょう!?
さて、みなさんが会社を選ぶ基準はなんでしょうか?――仕事内容、福利厚生、やりがい、自己実現…etc 様々な基準で判断することと思います。ジャロックは小さな会社です。きっとすべての要望を満たすことはできないでしょう。ただ、どの会社に入ったとしても、そこで得た経験は一生ものです。経験量という観点でいえば、当社はなかなかだと思います(笑)。いろいろな経験を積みたいという方、一緒に働ける日がきたら嬉しいです。

経 歴

学生の頃から4~5年調理系バイト 1~2年 運送会社で配達のバイト

2015年 4月運送会社のアルバイトを辞め、ジャロックへ入社

2015年11月自分の持つ大型物件受注(売1,000万)

2016年 2月先輩から引き継いだ既存NICO得意先と仲良くなり、NICOの営業が楽しくなる

2016年 5月新商品「リボリューションファン」の売り上げ強化が社内方針となる

2017年 2月大手企業へのリボリューションファン9機受注。

2020年 6月数多くの功績が評価され、部長へ昇進

とある1日のスケジュール

05:45 起床 一日の始まりに一服。今日すべきことを考える

08:00 施工現場到着。本日はラック施工日。少なくとも30分前に現場に着くようにする。現場職長、運送会社ドライバーに挨拶含め連絡。

08:45 朝礼。KY(危険予知)活動

09:00 施工開始。工事初日で部材搬入、墨だし、部材確認。

10:30 休憩

10:45 組立工事開始 合間を縫って別件のお客様に連絡

12:00 お昼休憩 近くのコンビニ弁当を食べる

13:00 進捗状況 工程確認

13:15 組立再開

16:45 設置完了
片付け、掃除、お客様に確認頂く

17:30 引渡し完了

18:30 帰社、報告書作成

21:00 帰宅

営業
事務
企画
海外