Hypick Runner

新商品:「ハイピックランナー」 

2018年7月30日販売開始!

hypickrunner

 

人が乗って3.2メートル上昇し、直接ピッキングが可能に!
~高層ピッキングマシーンHypick Runner~


2018年7月30日(月) 株式会社ジャロックにて販売開始!!

 

hypickrunner

[ 商品の保管量が増大し、以前までの倉庫運用では保管スペースが不足している倉庫業様 ]

EC業界、アパレル業界、倉庫業など様々な業種の流通は、取り扱い製品も細分化されて保管する量が増加!!
ピッキングは人が台車を押しながらその場に取りに行くことが一般的な為、天井高が5.5メートルあったとしても、保管するラックの高さは人の手が届く1.8メートルから2.1メートルほどの高さがになっていました
上部空間を余したまま倉庫が手狭になると、保管スペースを補う為に新しい倉庫の新設や倉庫拡張が主な手段でしたが、倉庫の面積を増やすことで賃料は増加。
新設倉庫を建てる場合は、賃料のみならず横持ち運賃や各種光熱費等が倍増してしまいます。

 

・倉庫を別で運営するより、上部空間を活かした保管を考えた方が良い
・中二階はコンプライアンスに不安があり導入経費も高額
・ラックを高層にするとフォークリフトが必要だが、免許所有者がいない

hypick runner

 

[ラックを高層化して保管スペースを拡大、ピッキングも楽になりたい]

高層ラックの場合、脚立で高い保管場所から物を降ろすと落下の危険性があり、フォークリフトを導入しても操作免許を保有した作業者の確保が必要となる為簡単にラックを高層化することはできませんでした。
しかし、保管効率を上げるにはラックの高層化が一番シンプルでコストも抑えることができます。

高層ラックでのピッキング問題をクリアできれば全て丸く納まるとジャロックは考えました。

・上部空間を活用
・誰でも簡単に使えて免許が必要なし

それを形にしたのが、この商品!
「Hypick Runner(ハイピックランナー)」です!

 

hypick Runner

.

そんな課題を全て解決できるのが、今回ジャロックが発売するHypick Runner(ハイピックランナー)。
人が乗って3.2メートルの高さまで上昇することができ、自由に動く車体で高層ピッキング作業が楽にできます。
また、フォークリフトの免許は必要なく10メートル未満の高所作業のため高所作業特別教育を受けるだけで誰でも操作することが可能な画期的な製品です。

 

 

 .

▼ハイピックランナーの動きを動画で視聴