夏の暑さを吹き飛ばす-体感温度5度ダウン-

過酷な夏の作業現場…

暑い…辛い…生産性が下がる…

熱中症の危険

真夏の工場や倉庫内の気温は40度を超えることもあり、熱中症の発生率が非常に高くなります。加えてその過酷さから従業員が集まらないといった悩みを抱えた現場も多くあります。

生産性の低下

NASAの研究では85°F(約30度)の気温で作業生産性が18%低下し、その精度は40%も低下すると報告されています。作業現場環境における暑さ対策は、非常に重要です。

大きなコスト

時には命に関わることもある熱中症の発症数は、屋外での建設業に次いで製造業が2位となっています。
冷房機を導入しようとすると、大掛かりな工事や電気代などのランニングコストも大きくなりがちです。

こんな悩みを一気に解決するのが・・・リボリューションファン5つの導入ポイント
リボリューションファン
体感温度の変化
体感温度を―5℃下げ涼しく

リボリューションファンは、最大直径が7mもある超大型の工業用シーリングファンです。大型の羽が回転することで庫内に停滞した大量の空気を循環させ、体感温度を最大5℃下げる効果があります。
人間は身体で受ける風が1M/秒強くなるたびに、体感温度が1℃低く感じます。リボリューションファンにより、冷房を付けなくても快適な作業環境を作り出すことが可能です。

 

 

熱中症から大切な作業員を守る

真夏の倉庫・工場は熱がこもり過酷な労働環境です。
作業員の負担を減らし、熱中症のリスクを下げ、作業環境を改善することは生産性向上にも繋がり、更に人手不足な現場の従業員定着にも寄与します。
製品の販売実績は15年以上。安心してご導入いただけます。

 

計測実験では体感温度を5度低下させました
20m離れた作業者にも風が届く

冷房等空調設備は室内の温度にムラができてしまい非効率でコストもかかります。
リボリューションファンは、直径が最大で7mあり1台で2,000平米の空間をカバーします。ラックなどが配備された倉庫内でも、最適な設置レイアウトで取り入れることにより、くまなく風を感じることが可能です。

 

 

実際の現場でも十分に風が行きわたります
リボリューションファンの風の動きがわかる動画
リボリューションファン1台で扇風機50台分
低コスト・省エネ

 

電気代はドライヤー1台分

直径7mタイプを1機フル稼動させる際の消費電力は、なんとヘアドライヤー1台分。
1時間でたった数十円ということになります。
リボリューションファンは1機で最大半径25mをカバー出来るため、扇風機を50台分と同じ効果があります。

冷房は1度上げると13%、暖房は1度下げると10%の省エネに繋がるとされており、リボリューションファンを上手に活用することで、冷房や暖房のみの運用よりも低コストで広範囲に効果を得ることが可能です。

 

湿気対策で結露・カビを予防

 

結露・カビの有効な解決策は空気循環です

空気のコントロールが上手く出来ている空間は結露が発生しづらい為、並行してカビの発生リスクも低減させることが可能です。

 

外気湿度とファン導入前後の室内湿度を湿度%毎に比較したデータでは、湿度90%時、ファン導入後の室内湿度は外気湿度より平均で15%低下しました。(期間記録で最大23.5%低下

湿気が多く段ボールの変形などに悩んでいた同倉庫ですが、リボリューションファン導入後湿気による段ボールの変形が無くなりました。

ファン導入後の湿度

 
 
換気対策
換気効率アップでウィルス対策

 

ウィルス対策や空気の入替えに

ウイルス感染が気になるご時世、「窓が少ない倉庫で換気が出来ない」といった現場のお悩みもリボリューションファンで換気効率を向上させます。

ファンコマンダーによる複数台同時制御や遠隔操作・タイマー設定が可能な為、現場に行かずに管理も楽々です。

リボリューションファン導入までのフロー

導入フロー01
導入フロー02
導入フロー03
導入フロー04
導入フロー05
リボリューションファンを導入したお客様の声
リボリューションファン(HVLSファン)

【業種】

通信販売

 

【コメント】
夏の節電の新たな取り組みとしてご採用頂き、カタログ通りの効果が体感できたとお喜び頂きました。

リボリューションファン(HVLSファン)

【業種】
倉庫業

 

【コメント】
設置後、予想以上の風量に大変お喜びいただけました。 空調設備を効果的に使うことが出来るため、季節を問わずに活用していきたいとのことです。

リボリューションファン(HVLSファン)

【業種】
倉庫業

 

【コメント】
想像以上に体感温度が下がり
大変満足している。他の現場でも採用したい。

よくある質問

電気代は?重量は?夏場にしか使えないの? などなど…
リボリューションファンの導入をご検討のお客様より多かった質問に回答します。

ファンの大きさはどのくらいですか?

サイズ展開があり、1番大きいサイズは直径約7Mです。

最小サイズは2.5Mです。詳細は資料をダウンロードください。

夏場しか使えないのですか?

いいえ。回転速度を段階的に調整することが可能で、冬場は暖房の付いた倉庫内を低速で回転させ、上部空間との均一な温度を保つ事が出来ます。

庫内の熱中症対策として導入される根拠は何ですか?

リボリューションファンが回転し空気循環を起こすことによって、蒸発冷却効果を引き起こし、作業者の体感温度を約5度ほど低下させます。体感温度が下がることによって作業者の熱中症を予防し、生産性を向上させることに繋げます。
NASAの研究では85°F(約30度)の気温で作業生産性が18%低下し、その精度は40%も低下すると報告されています。作業現場環境における暑さ対策は、非常に重要です。

電気代はどのくらい掛かりますか?

消費電力は100~1700W。夏場はフル回転させても家庭用ドライヤーとほぼ変わりません。

(1時間で数十円程度)

お電話のお問い合わせはこちら(受付:平日9時〜18時)
フリーダイヤル
株式会社ジャロック
〒164-0011 東京都中野区中央2-59-18 ジャロックビル
Copyright © Jaroc Co.,Ltd.