image

Logistics Improvement

ホンモノの物流改善

16.荷姿

荷姿を考えるには、安全性、作業性、品質、流動量を考慮したうえで、積載効率を考えなくてはいけません。そして、積載効率の維持、向上を図るためには、基礎寸法の規格化が必要になってきます。

● 安全性、作業性、品質、流動量を考慮
● 積載効率の維持、向上を図るためには、基礎寸法の規格化が必要

⇒ ・トラックの荷台を考慮したモジュール化
  ・国際コンテナ(40ft、20ft)を考慮したモジュール化