企業情報

Company Profile

企業情報

ヒストリー

50年

株式会社ジャロックの歩んできた歴史

当社は、1963年(昭和38年)神戸市の高架下で産声をあげてから、
お蔭様で2013年(平成25年)50歳の区切りの年を迎えることが出来ました。
…でもここは次の50年へのスタートライン。
‘ Thanks & Next ‘ 感謝の気持ちを胸に、私たちは次のステージへ駆け抜けていきます。
物流改善に終わりはありません。

  • 1963年6月

    株式会社ジャロックの前身となる尾端工業株式会社設立
    ・堀江健二(現相談役)が神戸市内で株式会社ジャロックの前身となる尾端工業株式会社を創業。
    多穴式アングルの輸入製造販売を始める。

    1965年

    尾端工業株式会社東京支店設立
    ・堀江健二(現相談役)が尾端工業株式会社東京支店設立の為に上京。

    1968年9月

    日本ロークリマティックス工業株式会社設立
    ・本社を東京都港区芝西久保広町15に置く

    1968年10月

    エスカーコンベアを十数台納入

    image

    1971年5月

    大阪営業所を開設
    ・関西地区の販売拠点を置く

    1971年6月

    埼玉県越谷市に埼玉工場建設
    ・工業用ラックの自社生産を開始
    同時にオリジナル商品試作室建設

    image

    1971年9月

    積み込み搬送機(エキスパンドコンベア)
    アッセンブリー自動供給システム(オートレーヂ)
    +キャロスターを開発
    ・機器メーカーの工場等数十社に納入

    1973年4月

    大搬送機、昇降機の需要が増大
    ・実車製造を開始すると同時に工業用ラック生産拡大のため、
    茨城工場を岩井市に建設

    image

    1974年12月

    株式会社ジャロックを設立
    ・保管機器部門の独立会社とする

    1974年〜75年

    保管機器の製造に加え、住宅関連機器業界に進出
    ・スチール製物置の製造開発、販売

    image

    1976年12月

    世界初「無煙焼肉ロースター」開発
    ・日本初、煙が外に出ない焼肉ロースター、「無煙ロースター」
    「ヤングパック」開発
    ・一人暮らしに必要な小物・ワイシャツ・ネクタイ等をまとめて収納できる。
    スチール製オイルタンク「エマ・コン」を開発
    ・石油事情の悪化にともない、ガソリンや灯油を簡易的に保管することで発生する災害が増加したことを受けて開発

    imageimage

    1977年2月

    本社を新宿に移転
    ・住宅関連商品の開発と全国販売店流通組織本部を設置 全国家具センター、全国DIYへの組織販売を開始。

    1977年3月

    保管荷役搬送システム部門の業界に大企業が進出
    ・競争激化とメンテナンス・コスト負担で荷役搬送部門の業績悪化のため撤退
    ・日本ロークリマティックス工業(株)休業

    1977年4月

    住宅関連商品アイテム、ミニステッカー等5種開発
    ・現在のキャビネットの原型ともいえる「ミニッター」

    1979年6月

    農機具メーカーと共同で、農機具収納庫「さなえハウス」開発

  • 1980年2月

    上野支店を開設
    ・顧客の要望に応えて、通信販売業界に住宅関連商品、「スチール製物置」「ミニッカー」「ヤングパック」「エコ・マン」「無煙ロースター」等を供給する商事部門を開設

    image

    1980年4月

    住宅関連保管機器の売上が伸びる
    ・当時の建売住宅は収納スペースが現在と比べ極端に少ないという状況も手伝ってスチール製物置などの住宅関連保管機器の売上が好調
    スチール製物置月産5,200棟、ミニッカー2,500棟、さなえハウス100棟となり活況を呈する

    1981年6月

    上野支店を閉鎖し、新宿本社に集約

    1984年6月

    住宅関連小物商品、スチール製物置減産
    ・各戸建住宅の高齢化(各部屋に押入・収納庫のついた住宅が普及)にともない、スチール製物置の販売低迷、住宅関連小物商品、スチール製物置の減産に入る

    1984年9月

    スチール製物置及び住宅関連小物商品の生産を中止

    1986年7月

    大阪S社と双方のオリジナル開発商品の専売契約を締結
    ・保管機器部門の販売強化対策として商品構成を潤沢にし、ニーズに応えるべくかねてより協力し合っていた
    これによって同質商品に対する投資、開発経費減にもつながった

    1987年6月

    大阪S社と相互の生産及び工事委託の契約を締結
    ・工事用ラック(保管機器)部門の不況と競争力激化に対応するため、商品運搬コストの削減、据付工事費の削減を図ることを目的として、地区の特性を生かし、S社と相互の生産及び工事委託の契約を締結した
    原則として両社の関西以西の顧客はS社が担当、以北はジャロックが担当することで合意する

    1987年12月

    立体架台の開発に着手
    ・積層式ラックが建築基準法に抵触することが指摘され、建設省と設計事務所及び日本建築相談の上、井上建築設学会の協力を得て、合法的な積層棚立体架台の開発に着手した

    image

    1988年6月

    自走式駐車場「ジャロパーク」の開発着手
    ジャロック一級建築士事務所開設
    ・「東京都知事登録 第34336号」 建設業の許可 鋼構造物工事業
    ・「東京都知事登録 般3第87120号」

    imageimage

    1988年7月

    自動車部品変形物格納棚7種開発
    ※表示板一体型棚板等
    ※ピッキングカーゴテナー
    ※棚付照明スタンド
    ※数種ディバイター及びワンタッチセット可能棚
    ※カードホルダー付仕切り板

    1988年8月

    生産をS社に委託
    ・棚業界の長期不況が続く中、当業界の生産稼働率は60〜65%という状況に立ち入り生産性の工場と販売の効率化を図るには、業界の再編成は不可欠の状況下で、当社と協力関係にあったS社も生産ロットの増大を確保することの必要性が生じたため、ジャロックは生産をS社に委託して、量産メリットを図ることとして合意する

    1989年3月

    マルチロータリーラック、縦移動ラックの開発開始
    ・自動車メーカーの依頼によりランプ表示、マルチロータリーラック、縦移動ラックの開発開始。
    ドラム缶車台積み降ろし搬送代車を開発
    ・ドラム感のキャッスルオイルデリバリーの作業効率及び労働負荷軽減を目的としたドラム缶車台積み降ろし搬送代車(ドラムキャリー)を開発
    ピッキング台車のアルミ製オリジナル商品の開発に着手 商品積込台車の開発に着手

    縦移動ラックドラムキャリー
  • 1990年2月

    アルコンZ台車完成
    ・台車自体への重量軽減とピックング効率を目的としたアルミ製ピッキング台車「アルコンZ台車」完成 スライドリフター
    ・プラットホームのない倉庫での積込・荷卸を簡易にするための商品積込台車

    アルコンZ台車・スライドリフター

    1990年4月

    自走式駐車場システム5機種、建設大臣第38条認定取得

    1990年6月

    マルチロータリーラック、ソフト完成
    ・自動車メーカー物流センターへの一号機納入

    マルチロータリーラック

    1990年8月

    新製品ドロアーカーリフト、検品用台車、ボンネット台車完成

    1992年10月

    本社を現在の中野区中央に移転

    中野本社ビル

    1993年10月

    ランプ表示式ピッキング部品管理システム
    「ピコピコラック」を完成

    ピコピコラック

    1994年

    マルチロータリーラックを家電量販店
    物流センターに納入

    マルチロータリーラック

    1995年

    トラックメーカー部品センターに立体架台及びコンベアシステム納入

    立体架台コンベアシステム

    1996年

    タイヤメーカーが全国に倉庫型ショップ展開
    ・屋外タイヤ陳列・格納用にタイヤガレージを開発
    納入展開 ショッピングパレットラック開発
    ・ホームセンター屋内外陳列什器として開発
    下段は陳列用、上段はストック用

    ホームセンター向け陳列棚

    1997年

    スーパーラックシステムを開発、納品
    ・半導体メーカー向けにマルチロータリーラックに改造を加えた 株式会社ジャロック・エンジニアリング・サービス(通称JES)を設立
    ・システム開発・設計・メンテナンス部門を株式会社ジャロックから独立させ、開発設計部門と販売部門、それぞれの独立採算制を明確にした

    スーパーラックシステム

    1998年

    自動3輪車(スクーバ)を利用した牽引台車入庫・出庫システムを開発
    ・自動車メーカーとの共同開発 自動車メーカー工場に立体架台及びコンベアシステム納入

    コンベアシステム

    1999年

    水平流動ラック「シフトラック」を開発
    ・飼料会社、化学薬品会社、食品会社、酒造会社等、少品種多量商品を扱う客先へ納入

    シフトラック
  • 2000年

    手動式昇降リフトを開発
    ・住宅屋根裏スペースへの搬入用リフトとして、住宅一体型(天井、柱、床)の手動式昇降リフトを開発、納品

    OAフロアー対応型手動式移動ラック開発
    ・精密機械メーカー研究棟に、オリジナルの書庫保管用ラックとして開発、納品

    手動式昇降リフトOAフロアー対応型手動式移動ラック

    2001年

    ラックメザニンを開発
    ・物流倉庫会社からの依頼で、簡易式で取り外し可能なラックメザニンを開発、ユニットメザニンの呼称で納入

    ユニットメザニン

    2002年10月

    エアー式ドックレベラーの国内販売開始
    ・米国・ライトハイト社と提携し、倉庫・工場向けエアー式ドックレベラーの国内販売を開始

    ドックレベラー&ドックドアー

    2003年4月

    コンテナパーキングを開発
    ・コンテナ倉庫販売会社と共同で、下層はコンテナと倉庫上層を駐車場とするコンテナパーキングを開発、納入

    コンテナパーキング

    2004年

    NICOPIPE&ジョイントシステムを開発
    ・自動車メーカーをはじめとする工場現場で必要とするパイプ什器として、NICOPIPE&ジョイントシステムを開発、販売

    NICOパイプ&ジョイント

    2004年9月

    杰楽可物流設備(南京)有限公司設立
    ・中国南京市に独資にて製造会社を設立

    南京工場

    2004年10月

    サウジアラビアの自動車部品センターでラック設備を設計、納品
    アメリカの自動車部品センターでラック設備を設計、納品

    サウジアラビアアメリカ

    2005年1月

    大宴会場及び中華レストラン舞台装置を開発
    ・ホテル内の大宴会場及び中華レストラン舞台装置をJリフターを応用して設計開発、納品

    大宴会場舞台装置

    2005年8月

    オマーンの自動車部品センターでラック設備を設計、納品

    自動車部品センター

    2005年10月

    中国の自動車部品センターでラック設備を設計、納品

    部品センター

    2006年2

    スーパーNICOPIPE商品化
    ・使用鋼材、窒化成分を変更し、さらにさびに強い第2世代のスーパーNICOPIPE商品化

    マルチロータリーラック

    2006年5月

    〜素材革命〜CCラック誕生
    ・従来までスチール100%で作られていたラックに、プラスチック棚板を採り入れたまったく新しい発想のラックを開発、自動車部品センターに納入

    素材革命CCラック

    2007年3月

    ジャンシェルフの誕生
    ・格納ラックの使いやすさ柔軟性をさらに追求してできた、CCラックに代わるハイブリッドな「ラックジャンシェルフ」の誕生、自動車部品センター、日用品保管倉庫へ納入

    ハイブリットなジャンシェルフジャンシェルフ

    2007年9月

    NICOPIPEⅢへ全面改良
    ・スーパーNICOPIPEからNICOPIPEⅢへ全面改良
    各会社から熱望された国産化を豊田通商金属部、日新製鋼との共同開発で成功
    日新製鋼のZAMを利用し、真円性能、シーム溶接性能、耐錆性能、滑り止め性能、加工性能、均一性を高め、また環境にも配慮した第3世代のNICOPIPEⅢの販売開始

    2008年5月

    NICOPIPEⅢ特許取得
    ・「特許 第413021号」
    ZAM製パイプによる組立式収納棚に関する特許

    NICOPIPEIII自動車生産工場納入

    2008年10月

    ISO14001更新

    2009年1月

    無人搬送台車AGV JACS商品化、発売開始。

    image

    2009年12月

    環境商品、断熱塗料「ガイナ」の特約店になり販売開始。

    GAINA
  • 2010年8月

    NICOPIPEユーザー様向けにNICOCLUB会員サービススタート

    image

    2010年10月

    中国昆山物流センタースタート

    image

    2011年1月

    大阪物流センターから豊橋物流センターへ

    image

    2011年9月

    ジャロックfacebookページスタート

    image

    2012年3月

    LED照明 NICOLIGHT商品化、販売スタート

    image

    2016年2月

    シャトルランナー』の登録商標取得

    「SHUTTLE RUNNER」:5830380号
    「シャトルランナー」:5830381号

    シャトルランナー

    2016年9月

    第一回無担保社債5,000万円発行 (発行元:りそな銀行様)

    image

    2017年3月

    I字型折畳み台車「iCart」を開発、販売

    アイカート

    2017年4月

    第二回無担保社債10,000万円発行 (発行元:みずほ銀行様)

    2017年12月

    『物流機械新聞』2017年物流器機・システム話題製品賞で「リボリューションファンが」受賞

    2018年2月

    「TOKYO働き方改革宣言企業交流会」に斉藤社長が登壇

    働き方改革

    2018年3月

    第三回無担保社債10,000万円発行 (発行元:りそな銀行様)

    2018年4月

    RITEHITEの「セーフティシグナル」の販売を開始

    セーフティシグナル

     

    第四回無担保社債5,000万円発行  (発行元:三菱UFJ銀行様)

    2018年6月

    ジャロック初のセミナー開催 題材「AI活用による物流セミナー」

    セミナー

     

    ジャロックInstagramがスタート

    Instagram

    2018年7月

    高層ピッキングマシーン「ハイピックランナー®」の販売を開始

    ハイピックランナー

    2018年9月

    国際物流総合展2018へ初出展 3500名を超えるお客様がブースへ来場

    国際物流総合展

     

    RITE-HITE社と日本総代理店契約を更新

    RITEHITE

     

    キャリーサイクル®」の販売を開始

    キャリーサイクル

    2018年10月

    NICOキャリーランナー」が東京都トライアル発注制度に認定

    東京等トライアル

    2018年11月

    産業交流展に「NICOキャリーランナー」を出展

    産業交流展

     

    物流業界専門のWEBマッチングサービス「物流SOS®」がスタート

    物流SOS

    2019年1月

    物流SOS®が登録商標取得

    「物流SOS」:6115387号

    2019年3月

    ハイピックランナー®が商標登録

    「Hypick Runner」:6127702号

    「ハイピックランナー」:6127701号

    商標登録

    2019年4月

    「NICOキャリーランナー」がりそな中小企業振興財団・日刊工業新聞社が主催する「第31回中小企業優秀新技術・新製品賞」の優良賞を受賞

    キャリーランナー

    2019年5月

    ジャロックテクニカルトレーニングセンター(Jaroc Technical Training Center/通称:JTTC)』が埼玉県春日部市にOPEN

    JTTC

     

    リフト&ドライブ」の販売を開始

    リフトドライブ

    2019年8月

    キャリーサイクル®が商標登録

    「キャリーサイクル」:6161534号

    「Carry Cycle」:6161535号

    キャリーサイクル